拡大する写真・図版衆院予算委で質問に立つ国民民主党の前原誠司氏=2020年1月28日午前、飯塚悟撮影

[PR]

 国民民主党の前原誠司・元国土交通相が28日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相の20日の施政方針演説の内容を「ファクトチェック」する一幕があった。公債発行額をめぐる首相発言について、前原氏は具体的な数字を引きながら、「誤り」を指摘。首相の演説内容を「ウソ」だと認定した。

 首相は施政方針演説で「来年度予算の税収は過去最高となりました。公債発行は8年連続での減額であります」と述べた。前原氏は首相に事実関係をただしつつ、「(演説は)ウソじゃないですか」と指摘した。結果的に、野党が政権を「ファクトチェック」したかのようなやりとりになった。

拡大する写真・図版衆院予算委で、国民民主党の前原誠司氏の質問に対する答弁内容を確認する安倍晋三首相(中央)=2020年1月28日午前11時7分、岩下毅撮影

    ◇

 首相らと前原氏の主なやり取りは次の通り。

 前原氏 公債発行は補正予算を含めた決算ベースでは8年連続の減額になるか。

 首相 決算ベースでは、そうはなっておりません。

 前原氏 補正予算を出すことにより、どんどん財政規律が崩れているのではないか。つまりはこの施政方針演説はウソじゃないですか。決算ベースで公債発行の減額ができるんだったら胸を張るべきだ。何でこんな演説を言ったのか。

 首相 ウソというのは言い過ぎ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら