[PR]

 3月1日の東京マラソンに日本記録保持者の大迫傑(すぐる)(ナイキ)、前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)ら男子の有力選手が集結する。28日、国内外の出場選手が発表された。

 同大会は、残り1枠となった男子の東京五輪の代表選考会を兼ねる。大迫の持つ2時間5分50秒の日本記録を破った最速の選手が代表入りに近づく。3月8日のびわ湖を含め、突破者がいなかった場合は昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で3位の大迫が代表になる。

 国内招待選手としては大迫、設楽悠のほか2時間6分54秒の自己記録を持つ井上大仁(ひろと)(MHPS)、昨年の大会で日本選手トップの5位だった堀尾謙介(トヨタ自動車)、MGC17位の神野大地(セルソース)、同23位の佐藤悠基(日清食品グループ)らがエントリー。同5位の橋本崚(GMO)ら招待外の選手を合わせるとMGC出場30人のうち16選手が名を連ねた。

 海外招待選手は2時間2分48…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら