拡大する写真・図版25日、平壌の三池淵管弦楽団劇場で行われた旧正月記念公演を鑑賞する(前列左から)金正恩朝鮮労働党委員長、李雪主氏、金敬姫氏、金与正氏。朝鮮中央通信が26日報じた=朝鮮通信

[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の叔母で、6年以上にわたって動静が伝えられていなかった金敬姫(キムギョンヒ)氏が健在であることが確認された。正恩氏が鑑賞した25日の旧正月の記念公演に敬姫氏が同席したと、朝鮮中央通信が26日付の記事で報じた。

 北朝鮮メディアが敬姫氏の動静を伝えたのは2013年9月以来、6年4カ月ぶり。敬姫氏は故金正日(キムジョンイル)総書記の妹にあたり、13年12月に処刑された張成沢(チャンソンテク)・前国防副委員長の妻。夫の処刑後はロシアで治療を受けるなどしていたようだ。公演では敬姫氏が正恩氏の妻の李雪主(リソルチュ)氏と妹の与正(ヨジョン)氏の間に座り、拍手する写真も配信された。

 北朝鮮では最高指導者の直系を「白頭血統」と呼んで絶対視する。韓国のシンクタンク世宗研究所の鄭成長・研究企画本部長は「張成沢氏と正恩氏の兄の正男氏が殺された後の一族不和というイメージを刷新し、結束を国内外に示して体制を固める狙いがあるのではないか」とみている。(ソウル=神谷毅)