ファーウェイ規制、英が米に反旗 5G普及に必要と判断

有料会員記事

和気真也=ロンドン、金成隆一
[PR]

 英政府は28日、次世代通信規格「5G」の通信網で、中国の華為技術ファーウェイ)の機器の一部使用を正式に認める見通しだ。米国が強調する安全保障上のリスクは制御可能と判断。コスト面で優位にある華為の機器が5G普及には必要と結論づける。有力な同盟国の反旗は、米国が主導する華為排除の流れを変える可能性がある。

 英ジョンソン首相が28日、閣僚を交えた国家安全保障会議(NSC)を開き、華為機器の一部使用を決定した。

 ジョンソン氏は27日、ロンドン市内で英メディアに「肝心なのは消費者の利益だ」と強調。一方で「安全保障や世界の諜報(ちょうほう)機関との協力に支障をきたしてはならない。両立させる技術革新が英国にできないわけがない」などと話した。

 5Gは自動運転や遠隔地医療などに欠かせず、次の経済競争の基盤になる。欧州の大手通信会社の設備を請け負う企業関係者は「価格の安さだけでなく、華為は品質も良い。5G整備に華為排除は現実的ではない」と話す。

 英国では昨年5月に5Gの商…

この記事は有料会員記事です。残り1033文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら