[PR]

 昨年7月の参院選で、自民党の河井案里参院議員の陣営が党本部から1億5千万円を受け取ったことについて、28日の同党総務会で不満が噴出した。

 複数の出席者によると、村上誠一郎・元行革相は「世論調査で情勢を見て、選挙で頑張って強い人にはお金が出ず、弱い人に対してだけたくさんお金を出すなんて不公平ではないか」と批判。多額の資金には政党交付金なども含まれることから、「党の金でも元は公費だ。(通常の候補の)10倍の金を、人のつながり次第で出す判断はおかしい」と不満を示した。

 案里氏の地元広島出身で、昨夏の参院選広島選挙区(改選数2)で落選した溝手顕正・元国家公安委員長と同じ岸田派に属する宮沢洋一・元経済産業相は「2人出して本命の溝手氏が落ちた。1億5千万円以上は出ていないのか、何に使ったのか、きちんと事実を調べて明らかにするべきだ」などと述べ、執行部に説明を求めたという。

 鈴木俊一総務会長は総務会後の記者会見で「執行部として受け止め、適切に対応したい」と述べた。(別宮潤一)