[PR]

 デンマークの大手紙ユランズ・ポステンが、中国の国旗「五星紅旗」の星の部分を新型コロナウイルスに置き換えた風刺画を掲載した。現地の中国大使館は「中国への侮辱で、中国の人々を傷つけるものだ」と謝罪を要求したが、同紙側は応じない構えだ。

 風刺画は27日付の同紙のオピニオン面に掲載された。中国国旗にある五つの黄色い星をウイルスに置き換え、「コロナウイルス」というタイトルを付けている。

 これに対し、在デンマーク中国大使館の報道官は声明で「強い憤り」を表明。「言論の自由の倫理的境界を越えている」などとして、同紙と風刺画を描いた人物に過ちを認めて中国国民に謝罪するよう求めた。

 同紙の編集長は28日、自社のウェブサイトで「中国をあざける意図はない。間違っていると思わないことに対し、謝罪はできない」などと主張した。

 ユランズ・ポステンは2005年、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載し、イスラム世界から猛反発を受けたことがある。(ロンドン=下司佳代子)