[PR]

 仏自動車大手ルノーは28日、空席となっている最高経営責任者(CEO)に独フォルクスワーゲン(VW)傘下の自動車メーカー、セアトのルカ・デメオ前CEO(52)を起用する人事を発表した。7月1日付。昨年10月に解任されたティエリー・ボロレ前CEOに代わり、日産自動車との提携関係をどう強化するかが課題となる。

 デメオ氏はルノーやトヨタ自動車、フィアット(現フィアット・クライスラー・オートモービルズ〈FCA〉)などを経て、2009年にマーケティング責任者としてVWグループに入り、15年にセアトのCEOに就いた。仏メディアによると、SUV(スポーツ用多目的車)の投入などで販売を強化し、業績を回復させた実績がルノーに高く評価された。イタリア出身で、英語や仏語など5カ国語を話すという。セアトは19年、欧州を中心に過去最高の57万4千台を販売した。

 ルノーはボロレ氏の解任後、社…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら