【動画】武漢から羽田空港に到着したチャーター機=熊倉隆広撮影
[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・武漢市(湖北省)にいる日本人を帰国させる目的で、日本政府が派遣した民間チャーター機の第1便が29日午前、羽田空港に着き、206人が帰国した。30~50代の男性3人と50代の女性1人の計4人が東京都大田区の荏原病院に搬送された。関係者によると、うち3人は37度台の熱があり、1人はせきが出るという。

 チャーター機は28日午後8時半すぎ、マスクや防護服など同省に滞在する日本人と中国政府への支援物資をのせて羽田空港を出発。武漢で206人を乗せて日本時間の29日午前6時前に現地を離れ、午前8時40分過ぎに羽田に着いた。機内で、政府が派遣した医師や検疫官が検疫をした。

 症状のない帰国者は羽田到着後、政府が用意したバスに乗り、国立国際医療研究センター(東京都新宿区)に移った。一般の患者や外来受診者と離れた場所で、改めてウイルスを持っていないかを検査し、陰性と分かるまで自宅や政府が用意した宿泊施設で待機してもらう。自宅や施設への移動手段は政府や企業などが手配する。

 また、政府は帰国者に1週間は外出せず、その後1週間も不要な外出をしないよう求めている。毎日、健康状態に問題ないかも確認するとしている。

 発症が疑われる人や、発熱や呼…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら