拡大する写真・図版津久井やまゆり園に入る工事車両=2020年1月29日午前9時7分、相模原市緑区、斎藤茂洋撮影

[PR]

 2016年7月に多数が殺傷される事件が起きた相模原市緑区千木良(ちぎら)の障害者施設「津久井やまゆり園」で29日、後継施設の新築工事が始まった。事件後に神奈川県が施設の建て替え方針を示したところ、障害者団体などから「施設から地域へ」という近年の流れに反するとの批判を受けた。再建案では、より小規模な施設を分散させて建てることになった。

 この日朝、工事は整地作業から始まり、車両が敷地内に入っていった。3月から土地の造成をして4月に基礎工事や建物の建設に取りかかる。完成は21年春の予定だ。

拡大する写真・図版津久井やまゆり園の再建予定地=2019年3月26日午後4時5分、相模原市緑区千木良、神宮司実玲撮影

 県立の施設は、1階建てと2階…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら