[PR]

 参院予算委員会が29日午前に始まり、衆院に続いて「桜を見る会」の問題が焦点となった。会への招待に向けた安倍晋三首相の事務所による推薦をめぐり、ふさわしい人物か確認していたのかと問われ、首相は「事務所においてチェックすると言っても限界がある」と述べた。

 一方で、首相は「事務所でいろんな方々に推薦も頂くが、(地元選挙区は)地方なのでだいたいどういう人かは分かっている。(事務所が知る)誰かの推薦であれば、ふさわしいだろう」とも説明。招待のとりまとめは内閣官房と内閣府で行っている、との答弁を続けており、首相は「最終的に責任を負うのは内閣府」として、事務所の推薦に手続き上の問題はないとの認識を示した。

 事務所の推薦者の調査を求められたが、首相は「そうしたことを行う考え方はない」と拒んだ。政府が廃棄したとする招待者名簿をめぐり、再調査を拒む姿勢が国民に理解されると考えるか、とも聞かれたが、「国民の認識について私が判断すべきものではない」と述べるにとどめた。立憲民主党の蓮舫氏への答弁。