[PR]

 新千歳空港ターミナルビルディング(北海道千歳市)が、国際線旅客ターミナルビルに建設を進めていたホテル「ポルトムインターナショナル北海道」が2月1日から営業を開始するのを前に29日、報道関係者に公開された。一泊100万円のスイートルームなどを備え、高級志向の顧客に対応したサービスを特色に海外の富裕層をターゲットに据えているという。

 新千歳空港の国内線旅客ターミナルで「エアターミナルホテル」を運営している碧雲堂(同市)が、同ビルディング社の委託を受けて運営する。国際線旅客ターミナル北側に位置し、3階の出発ロビーと4階のホテルフロントがエスカレーターとエレベーターで直結している。

 ホテルは8階建てで計171室。全室から滑走路の眺めが楽しめる。「旅に出逢(であ)いと彩りを」をコンセプトに美術館をイメージした造りとし、客室やロビーなど各所に版画や浮世絵を展示。4階のゲストサロンには伊藤若冲の掛け軸を含む約30点の美術品が飾られている。

 客室はスタンダードのスーペリ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら