拡大する写真・図版インタビューに答える俳優のアンソニー・ウォンさん=東京都新宿区、田辺拓也撮影

[PR]

 香港の抗議デモを弾圧する香港政府や背後の中国政府を果敢に批判し続け、仕事を干された香港俳優がいる。ヒット映画「インファナル・アフェア」シリーズの心ある警視役などで知られるアンソニー・ウォンさん(58)だ。収入が激減してもなお動じない彼は、香港のフィリピン人家政婦の現実を描いた2月1日公開の香港映画「淪落(りんらく)の人」に、報酬を辞退して主演した。その思いとは――。

「中国で稼いでいるくせに」批判浴びても

 5年余り前、中国映画の撮影で滞在した上海でのことだ。深夜、香港の民主化を求める「雨傘運動」への警察の弾圧のニュースに憤り、フェイスブックに携帯電話でデモ支持を書き込んだ。中国版ツイッター「微博」などに転載され、ネットで非難の嵐に。「中国で稼いでいるくせに、我々中国を害するな」

拡大する写真・図版映画「淪落の人」より NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED(C)2018 

 ウォンさんは「インファナル・アフェア」シリーズのほか、「頭文字D THE MOVIE」(2005年)、「イップ・マン 最終章」(13年)など数々の香港映画や、米映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」(08年)などに出演。香港版アカデミー賞「香港電影金像奨」を計5度受賞、台湾版アカデミー賞「台湾電影金馬奨」も獲得した実力派だ。

 だがこの日を境に、仕事が一気になくなる。上海でこの時撮っていた中国映画も公開中止となり、関係者からは「君のせいだ」と責められた。

 収入は激減した。それでも、昨…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら