[PR]

 トヨタ自動車は29日、シートベルトを装着していないときに鳴る警報装置に不具合があったとして、プリウスなど4車種計41万8929台(2014年10月~19年7月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。ほかの3車種は、プリウスPHV、プリウスα、ダイハツにOEM供給しているメビウス。

 国交省によると、運転席のシートベルトを繰り返し使っていると、バックル内にある警報スイッチが壊れ、正しく装着しても警報が解除されないおそれがあるという。問い合わせは、トヨタ自動車のお客様相談センター(0800・700・7700)。