[PR]

 トランプ米政権が28日、新たな中東和平案を公表した。しかし、内容は一方的にイスラエルに有利で、パレスチナは置き去りのまま。歴代米政権が目指してきた「公平な仲介者」としての役割を放棄した背景には、米国、イスラエル双方の内政事情が垣間見える。

 「イスラエルとパレスチナの和平は最も難しい挑戦だ。歴代の米政権も失敗してきた。ただ、この和平案は過去のものとは全く違うものになった」

 トランプ米大統領は28日、ホワイトハウスで胸を張った。隣では、イスラエルのネタニヤフ首相が何度もうなずいた。

■「あなたほどのイスラエルの友…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら