[PR]

 中国で集団発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、世界保健機関(WHO、スイス・ジュネーブ)は29日午後(日本時間30日未明)、この新型肺炎の感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たるか検討するため、専門家委員会による緊急会合を30日午後(日本時間同日夜)に開くと表明した。

 29日に記者会見したWHOのテドロス・アダノム事務局長は、緊急会合を開く理由について、「中国国外での感染例は増え続けており、ヒトからヒトへ感染した数はまだ比較的少ないものの、感染がはるかに大きく広がる可能性がある」と言及。WHOの担当幹部は「全世界的に警戒する必要がある」と述べた。

 専門家委員会は今月22、23日にも緊急会合を開いた。この時は「中国国外でのヒトからヒトへの感染例が見られない」ことなどから緊急事態宣言の判断は見送ったが、その後、中国国外で二次感染した例が確認された。27日にはアダノム事務局長が中国入りし、習近平(シーチンピン)国家主席と面会したほか、中国当局と感染拡大の防止策などについて協議していた。(ローマ=河原田慎一)