[PR]

 中国の湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、厚生労働省は30日、チャーター機の第1便で帰国した日本人のうち3人の感染を確認したと発表した。うち1人は発熱の症状があり、ほかの2人は今のところ、症状は出ていないという。

 症状があるのは50代男性で、29日に日本に着いた後、鼻水やのどの痛みがあった。医療機関に入院したあとに体温が38・7度に上がった。同日午後11時ごろ、ウイルス検査で陽性の結果が出た。

 あとの2人は40代の男性と50代の女性。症状がないのに感染が確認されたのは今回の新型コロナウイルスをめぐり、国内で診断された人では初めて。

 29日のチャーター機の第1便では、206人が帰国。症状の有無を問わず204人がウイルス検査をしていた。帰国時に症状のなかったうち2人は検査を断った。