[PR]

 スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)が29日、インスタグラムを更新し、なりすまし対策で自分の名前の商標登録を申請したと明らかにした。書籍の印税や寄付金などを処理する財団も設立したという。いずれも、非営利だと強調している。

 グレタさんは、自分になりすましたり、代理人のふりをしたりして、政治家やメディアに接触している人たちがいると指摘。自分の名前や、毎週金曜日に気候変動対策を訴える運動「未来のための金曜日」の名称が、同意なく宣伝や商品の販売などの目的で利用されているとも訴えた。

 こうした悪質な行為に法的に対抗し、活動本来の目的を守るため、自分の名前と「未来のための金曜日」「気候のための学校ストライキ」などの活動の名称を商標登録申請したという。「未来のための金曜日は私が設立した世界的な運動で、参加する人、とりわけ若者に属するものだ。個人的、商業的な目的で使ってはいけない」としている。

 財団は、生態系、環境、社会の持続可能性やメンタルヘルスの促進を目的とする。すでに立ち上げたがまだ稼働しておらず、今後、詳細を明らかにするという。(ロンドン=下司佳代子)