[PR]

 札幌市で昨年7月、安倍晋三首相の参院選の街頭演説中にヤジを飛ばした男性(31)を北海道警の警察官が取り押さえて排除したのは政治的な表現の自由の侵害だとして、この男性が道警を所管する道を相手取り、慰謝料など330万円を求めた国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が31日、札幌地裁(広瀬孝裁判長)であった。道側は、男性の訴えの棄却を求め、争う姿勢を示した。(伊沢健司)

道警「3月27日までに書面」

 道側は、事実関係を認めるかどうかや、具体的な反論については、次回の裁判の1週間前にあたる3月27日までに書面で提出する方針を示した。道警側が、この問題について説明する時期を明かすのは初めて。

 法廷では、男性側の求めに応じ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら