文書廃棄は「適切」か? 公文書のプロが観た国会論戦

有料記事

聞き手・三輪さち子
[PR]

プロが観る 国会論戦

 「桜を見る会」の問題をめぐり、閣僚や官僚は29日の参院予算委員会でも「文書を廃棄している」と繰り返し、説明を避けた。廃棄は「適切」との政府の主張は、本当に問題はないのか。公文書管理に詳しい瀬畑源・成城大学非常勤講師に診断してもらった。

 立憲民主党蓮舫氏は桜を見る会の名簿廃棄の問題を攻め立てた。

 蓮舫氏 「政治枠」の推薦名簿を「1年未満で捨てていい」と決めたのは安倍晋三首相。この決定は正しかったか。

 首相 適切に人事課長のもとで判断されたと思う。個人情報の塊と言っていい名簿ということもあった。

 瀬畑さんは参院第1委員会室で傍聴しながら、「公文書管理法には『個人情報だから』という理由で『1年未満で廃棄してもいい』なんて書いていないんですよ」と首をかしげた。

 政府は、財務省の公文書改ざ…

この記事は有料記事です。残り907文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。