[PR]

災害考古学 第7部

 JR神戸線住吉駅の周辺には、住吉宮町遺跡(神戸市東灘区)が広がっている。六甲山系から流れる石屋川や住吉川によって形成された標高約20メートルの扇状地上に位置し、縄文時代晩期~中世に集落や古墳がつくられ、古代からの生活の一端が残された遺跡である。

 「何が出てきたのだろう」

 阪神・淡路大震災から2年近くたった1996年12月。宮城県教育委員会から派遣されて被災地に応援に来ていた菊地逸夫(いつお)さん(61)は、震災で全壊した住宅の跡地を発掘調査しながら悩んでいた。

 奈良時代とみられる地層まで掘…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも