[PR]

 みなさん、「過活動膀胱(ぼうこう)」という病気をご存じですか?

 普段あまり耳にすることがないので珍しい病気かと思うかもしれませんが、現在40歳以上の8人に1人が過活動膀胱の症状を持つと言われています。この病気は「尿意切迫感を中核症状とし、通常は昼間頻尿および夜間頻尿を伴い、切迫性尿失禁を伴うこともあれば伴わないこともある症状症候群」と定義されています。

 昼間頻尿は、日中の排尿回数が多い症状で、おおよそ8回が目安とされています。夜間頻尿は、夜間に排尿のために1回以上起きる症状とされています。切迫性尿失禁は、後で述べる「尿意切迫感」を感じるのと同時か、その直後に思わず尿が漏れてしまう症状です。

 過活動膀胱の最も重要な症状が尿意切迫感です。これは「急に起こる、抑えられないような強い尿意で、我慢することが困難なもの」と定義されており、正常な尿意とは全く別の、病的な感覚と言えます。過活動膀胱の症状は尿意切迫感から始まると考えられており、非常に重要な症状です。

 過活動膀胱は、脳血管障害やパーキンソン病などの神経疾患を原因とするものと、それ以外のものに大別されます。発生頻度は1対9で、神経疾患を原因としない過活動膀胱が大部分を占めるとされています。その原因として考えられているのは、男性では前立腺肥大症など、女性では加齢や出産による骨盤底筋のトラブルです。ただ、多くの場合、動脈硬化による膀胱の血流の低下や自律神経の過緊張など、いくつかの要因が複合的に関与しているとみられています。

 過活動膀胱かどうかは、過活動膀胱症状質問票で簡単に調べることができますので、まずはセルフチェックをしてみましょう。質問3が2点以上かつ全体の合計点数が3点以上の場合、過活動膀胱の疑いがあります。3点以上の方は医療機関にご相談ください。

 過活動膀胱が疑われる人の中には膀胱炎や多尿、悪性腫瘍(しゅよう)(膀胱がん)などの病気になっている可能性もあります。泌尿器科外来では、尿検査や残尿測定、超音波検査などの検査を行い、診断を確定します。

 尿検査では血尿や炎症細胞、悪性細胞の有無を確認し膀胱炎や悪性腫瘍などの疾患の有無を確認します。尿検査が正常な場合は過活動膀胱である可能性が高いです。残尿測定では排尿後の残尿量を確認します。残尿量が多い方は神経因性膀胱(神経系の障害により生じる膀胱機能障害)や男性の場合前立腺肥大症などの合併を疑います。超音波検査では結石や悪性腫瘍、前立腺肥大症の存在を確認します。

 いずれの検査も過活動膀胱以外に泌尿器科の病気がないかを確認し、別の病気がある際はそちらの治療を優先して追加検査・治療を行っていきます。

 このほか、排尿日誌をつけてもらいます。排尿時刻、一回排尿量と起床・就寝時刻を記録する排尿日誌から、一日尿量や平均排尿量などを知ることができるので、頻尿の原因が尿量の過多にあるのか、一回排尿量の減少にあるのかを判別することが可能です。排尿日誌と問診で過活動膀胱の90%が診断できると言われています。

 過活動膀胱の治療としては、少しずつ尿意を我慢する膀胱訓練をしたり、骨盤底の筋肉を鍛える骨盤底筋体操をしたりする行動療法などがありますが、内服薬で過敏になった膀胱を和らげる薬物療法を行うことが一般的です。男性で前立腺肥大症が原因で過活動膀胱の症状がみられる場合は前立腺肥大症の治療を行います。

 過活動膀胱の症状のポイントは尿意切迫感の有無です。また、その原因として生活習慣病の側面があるかもしれません。治療には薬物療法が有効ですが、まず飲水量などの生活習慣の見直しも重要です。過活動膀胱をよく知って、「トイレのことを気にしない生活」を取り戻しましょう。(弘前大学医学部附属病院講師 山本勇人)