[PR]

 のれんも看板もない――。宇都宮市中心部で35年続いた小さな中華料理店が31日、閉店する。静かに閉めるつもりだったが、店内で告知したとたん、連日客が押し寄せてきた。消えゆく「町中華」が最後に底力を見せている。

 「ふんよう菜館」。L字形カウンターに席は九つだけ。30日、昼前に記者も約40人の列に並んだ。

 「『B』が品切れになったらどうしよう」。あちこちから声が聞こえてきた。「B」とは豚バラ肉香料煮がついた「Bランチ」のこと。店の一番人気だ。1時間40分後、店に入った。Bランチとギョーザを注文。割り箸より長く、横幅が約5センチあるバラ肉が2枚重なって出てきた。厚さは約1センチ。柔らかく甘酸っぱい。

 「昔は高校生が多かったから量…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら