[PR]

 国立文化財機構は30日、東京・京都・奈良の国立博物館3館について、平常展の観覧料金を4月から値上げすると発表した。東京国立博物館(東博)は一般料金で380円値上げとなる1千円に、京都国立博物館と奈良国立博物館は同180円値上げとなる700円に改定する。消費増税にともなうものを除いた全面的な改定は14年ぶり。

 大学生料金も対象で、東京は410円から500円に、京都と奈良は260円から350円に値上げ。70歳以上のシニアと高校生以下と18歳未満は無料のまま。新聞社などと共催する特別展は、東博では一般1600~1700円程度で個別に設定している。

 また、奈良文化財研究所の飛鳥資料館も一般350円(現在は270円)、大学生200円(同130円)に値上げする。九州国立博物館は検討中という。

 東博は現在、国宝・重要文化財の美術工芸品の約1割を収蔵し、寄贈などで所蔵品は増え続けている。来場者数も増えており、有料入館者のうち半数以上が外国人で多言語対応も含めた展示解説の充実が急務という。同機構によると、現在の料金では来館者1人あたりの直接的なランニングコストも賄えず、このままでは文化財を保存したり修理したりする役割が圧迫されかねないという。

 国立博物館を運営する同機構へ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら