拡大する写真・図版筆記問題を解く幼児。受験では動物や昆虫などの知識が多く問われる=2020年1月10日午後3時15分、名古屋市千種区のエコール・ドゥ・アンファン、佐藤英彬撮影

[PR]

 受験シーズンの冬。記者(37)と長男(6)も小学校受験に挑んだ。首都圏や関西圏と違い、東海地方の「お受験」事情は決して盛んではない。親子の静かな挑戦が始まった。

 記者も妻も小学校から高校まで地元の公立校で、「お受験」とは縁がなかった。きっかけは一昨年5月に転居した際、受験して入る小学校が歩いて通える範囲にあると知ったことだ。

 幼稚園年中(当時)の長男は外遊びが大好きなやんちゃ盛り。無邪気でかわいいが、わがままな言動も目立つようになり、このままで良いのか不安を感じていた。

 小学校ではきちんと机に座り、みんなと勉強もする。受験はそういう入学の準備にもなるはずと思い、挑戦してみることにした。

拡大する写真・図版小学校受験大手のエコール・ドゥ・アンファンの授業風景。教室では保護者が後ろから見守っていた=2020年1月10日午後3時19分、名古屋市千種区、佐藤英彬撮影

少子化でも減らない受験者数

 まず、全体を知ろうと受験事情…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら