ハードボイルドから恋愛小説まで幅広く手がけた、直木賞作家の藤田宜永(ふじた・よしなが)さんが30日、右下葉肺腺がんで死去した。69歳だった。故人の遺志で葬儀は家族で営み、お別れの会は行わない。妻は作家の小池真理子さん。

 1950年、福井市出身。早稲田大学を中退後、渡仏し、80年までエールフランスに勤務。帰国後、エッセーなどの執筆活動に入り、86年に「野望のラビリンス」で作家デビューした。90年に長野県・軽井沢へ移住。95年「鋼鉄の騎士」で日本推理作家協会賞。冒険小説やミステリーで評価を集め、その後恋愛小説も手がけた。99年「求愛」で島清(しませ)恋愛文学賞。

 2001年、中年の洋服仕立職人を主人公に男女4人の絡み合う情念を描いた「愛の領分」で直木賞を受賞した。96年に小池さんが「恋」で直木賞を受けており、藤田さんの受賞で初めての夫婦受賞となった。17年に「大雪物語」で吉川英治文学賞。サングラスと長髪がトレードマークだった。