写真・図版

[PR]

 30日午後3時25分ごろ、北海道占冠(しむかっぷ)村のトマムスキー場の敷地外で雪崩が発生し、男女8人のスキー客のグループが巻き込まれた。北海道警などによると、7人は自力で下山したが、男性1人が心肺停止の状態で現場に残っているという。心肺停止とみられるのは40代のフランス人男性で、他の7人もフランス人とみられる。

 道警によると、8人のうち1人が自力でスキー場の施設に下山して助けを求め、スキー場を通じて警察に通報した。午後5時50分ごろには、残る7人のうち心肺停止とみられる1人を除く6人も自力で下山した。下山した7人にけがはないという。

 雪崩は、トマム山の山頂から南に500メートルほどの場所で発生。幅3~4メートル、長さ約50メートルにわたって崩れたという。荒天のため警察、消防、スキーパトロールのいずれも山中に残る男性の救助に行けず、ヘリも飛ばせなかった。道警は天候の回復を待ち、31日朝にも救助に向かう。

 同スキー場によると、8人は富良野市から日帰りで訪れていた。スキー場のコースと敷地外との境目には日英などの言語で「立ち入り禁止」と書かれた看板とロープが張られていたが、8人はロープの外側の場所を滑っていたという。