[PR]

 新型コロナウイルスの感染者が新たに見つかり、2人が県内の病院に搬送されたことが30日、明らかになった。中国・武漢市から帰国者を受け入れた千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」に滞在中、検査結果が判明した。ただ、症状は出ておらず、県は「感染リスクは低い。過剰に心配しないで」と呼びかけている。

 県によると、ホテルには政府の用意したチャーター機で29日に帰国し、都内の医療機関で検査を受けた約190人が滞在。30日朝、このうち40代男性と50代女性の感染について国から連絡があった。2人は午前10時すぎから保健所の車で亀田総合病院(鴨川市)に運ばれ、そのまま入院した。医師の診断では症状は出ていないという。

 2人は相部屋だったが、同じ部屋にいた人の体調に異常は確認されていない。帰国者は部屋にとどまり、従業員は部屋の入り口に弁当を置いて帰国者と接触しないようにしている。県は「発症前では排出されるウイルス量が少ない。感染力を厳密に調べなければならないが、リスクは低いと見ている」と説明。「せきや手洗いの徹底など通常の感染症対策に努めてほしい」と呼びかけている。

 また、別の1人が下痢の症状を訴えて亀田総合病院に入院したが、新型コロナウイルスの感染は確認されていないという。(古賀大己)

■勝浦のイベント 2件中止決ま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら