【動画】林業機械の操作 VRシミュレーターで学ぶ=寿柳聡撮影
[PR]

 林業就労者らが高性能林業機械「ハーベスタ」の操作を学ぶための搭乗型VR(仮想現実)シミュレーターが、大分県林業研修所(由布市湯布院町川北)に設置された。国産材の需要が増える中、実機さながらの体験を重ねることで、新規就労者も即戦力として活躍できるよう期待されている。

 シミュレーターは、総合機械メーカーのコマツ(東京都港区)が手がけたもので、同社のハーベスタの操作を学べる。アームの先端部分で木をつかんで伐採し、枝を落として丸太にするまで一貫してできる複雑な操作を、実機に近い形で身につけてもらうことができる。

 平地が多い海外用のシミュレーターに、日本国内版として狭い傾斜地での作業メニューを加えた。三面鏡のような大画面を見ながら、座席に座ってスティックやペダルで操縦の練習ができる。国内での導入は2例目で、リース費用は5年間で1750万円。

 県によると、バイオマス分野で…

この記事は有料会員記事です。残り393文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り393文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り393文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース