[PR]

 中国の湖北省武漢市を中心に感染が広がる新型肺炎について、京都府は30日夜、京都市内に住む20代の中国人女性が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。女性は今月16~22日、武漢市に滞在したという。同府内での感染確認は初めて。

 府は同日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、患者について報告した。健康福祉部によると、女性は中国からの留学生で、16日に故郷の武漢市に里帰りした。22日に日本に戻り、翌日、せきの症状が出てからは自宅で静養。28日に38度の熱が出たため救急車を呼び、受診した。症状が軽かったため入院せず、帰宅したという。保健所の職員が毎日1回、電話で体調を確認しており、現在は体温が37度台で、せきが出ているという。

 三重県は30日夜、同県に住む50代の外国籍の男性が、新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。現在は入院中で、快方に向かっているという。

 発表によると、男性は昨年12月24日から今年1月13日に帰省で中国・武漢に滞在したが、肺炎などの患者との明確な接触歴はないという。外出中はマスクをつけていたと説明している。