【動画】人通りがなく閑散とした中国・武漢市内の様子(1月30日撮影)=平松荘さん提供
[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎が猛威を振るう中国・湖北省武漢市が、事実上の「封鎖」状態となってから30日で1週間がたった。チャーター機による在留邦人の帰国も進む中、閉ざされた街に残る人たちは不安との闘いの中にいる。中国政府は街を支えるため、国を挙げて支援物資などの送り込みを続ける。

 「先が見えない」。市内で日本料理店を営む平松荘さん(60)は、チャーター機に乗らずに武漢にとどまることを決めた。

 23日以降、市外とつなぐ交通網が途絶えただけでなく、市内のバスや地下鉄も運行を停止。多くの娯楽施設やレストランが閉鎖されている。

 平松さんは店の営業を再開できる日に備えて残る決断をしたが、機会を見送ったことで帰国は当面難しい。「不安でいっぱいだ」と胸の内を明かす。

 新型肺炎による29日までの死者は、市内で129人に上り、中国全体の7割以上を占める。感染者も2261人に達している。

 武漢では、多くの人が感染を恐れて自宅にこもっている状態だ。40代の女性は、「封鎖」直前に買いだめした野菜や冷凍ギョーザが底をついた。

 28日朝に1週間ぶりに買い出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら