[PR]

 マジンガーZの格納庫やガンダムの基地といった、アニメに登場する巨大建造物をゼネコンが真面目に設計、見積もりしたらどうなるのか。

 そんな「活動」を15年以上も続けている人たちがいる。ゼネコンの前田建設工業(本社・東京)の社員らだ。「ファンタジー営業部」と名付けた架空の部署が、見積もりまでの過程をインターネットで発信している。

拡大する写真・図版岩坂さんらが実際に作成したマジンガーZの格納庫の設計図=(C)ダイナミック企画・東映アニメーション

 3K職場や談合などといった業界のマイナスイメージを払拭(ふっしょく)し、自分たちの仕事を知ってほしい――そんな思いで始まった取り組みは映画にもなり、1月31日から公開されている。

リクエストが多いのは「エヴァンゲリオン」だそう。プロジェクトの苦労話や今後の目標など、記事の後半にはプロジェクトリーダーのインタビューも載せています。

 「マジンガーZ」の地下格納庫…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら