[PR]

 トランプ米大統領の「ウクライナ疑惑」をめぐる上院の弾劾(だんがい)裁判は1月31日、証人を召喚するための採決が行われ、与党・共和党の反対多数で否決した。野党・民主党が求めたボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)らの召喚はないまま、審理は終了することになった。両党は2月5日(日本時間6日)に判決を言い渡すことで合意し、トランプ氏は無罪となる見通しだ。

 「賛成49、反対51」。裁判長のロバーツ連邦最高裁長官がこう告げ、召喚はわずかな差で否決された。

 実現には、上院の定数100の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら