[PR]

 奄美大島特産のタンカンの収穫開始を祝うハサミ入れ式が1日、大和村の果樹園であった。生産者や農業関係者らが集まり、鈴なりの実を笑顔で収穫した。

 同島は全国有数のタンカンの産地。糖度と酸味のバランスが良く、味の評価も高い。JAあまみによると、今季の生育は順調で、島内全体の生産量は800トンを超える見通し。台風による落下や塩害の被害を受けた昨季より100トンほど多くなりそうで「味も色づきも上々」と担当者。

 式の会場となった果樹園主の玉野公和さん(65)は「令和初の式典会場に選ばれてうれしい。奄美のタンカンは最高なので、多くの人に味わってほしい」(外尾誠)