[PR]

 節分を前に1日、岩手県大槌町の大槌稲荷神社の風習・鬼の町内練り歩きが約20年ぶりに復活した。

 東日本大震災で被災した住宅の再建はほぼ終わったが、「町に活気がない」と考えていた地元住民が復活させた。「ウー」とうなりながら鬼たちが近寄ってくると、子どもたちは泣き声を上げていた。

 この日は神社での一般向けの豆まきも震災後初めて復活し、200人近い人でにぎわった。(東野真和