[PR]

 トランプ米大統領の「ウクライナ疑惑」をめぐる上院の弾劾(だんがい)裁判は1月31日、証人を召喚するための採決が行われ、与党・共和党の反対多数で否決した。疑惑が深まるなか、逃げ切りを図るトランプ氏を共和党議員が守り、野党・民主党も攻めきれなかった。弾劾裁判の実質審理は終わり、両党は2月5日(日本時間6日)に判決を言い渡すことで合意した。トランプ氏は無罪となる見通しだ。(ワシントン=野上英文、土佐茂生)

 賛成49、反対51――。証人召喚をめぐる採決で、共和党は薄氷の「勝利」をおさめた。定数100のうち共和党は53議席を占める。4人が賛成に回れば可決される状況だったが、造反は2人。上院共和党トップのマコネル院内総務は採決後、「下院で終えた弾劾調査を上院で再開する必要はない」と、正当化した。

 弾劾裁判が16日に始まってから、弁護団は「大統領は何ら悪いことをしていない」と、余裕を見せていた。当初から、共和党が数の力で押し切るとの戦略があったからだ。

 一転して焦りが見え始めたのは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら