[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、厚生労働省は1日、武漢市からのチャーター機で帰国した日本人の3人に、新たな感染が確認されたと発表した。うち1人は、当初の検査で陰性と判定されたが、追加検査で陽性となった。国内の感染者は計20人となった。

 厚労省によると、追加検査で陽性となったのは、第1便で帰国した40代男性。1月26日からせきが出て、29日の帰国時に37度台の発熱やせきがあり、入院した。のどから粘液をとる検査では陰性だったが、その後肺炎と診断され、肺内のウイルスがわかる喀痰(かくたん)検査をすると、陽性だった。

 新型コロナウイルスは、肺などの下気道で検出されやすいとされる。

 残る2人は第3便で帰国した40代男性と30代男性。30代男性に症状はなかった。無症状での陽性は計5人となった。

 河岡義裕・東京大学医科学研究所教授(ウイルス学)は、新型コロナウイルスのヒトからヒトへの感染について「ドイツの研究チームの論文では、症状が出る前の感染者から他の人に感染した例が報告されている。また、新型肺炎に限らず、あらゆる感染症には症状が出ない不顕性感染者が一定数はいる。新型肺炎の性質を考慮すると、武漢からの帰国者に2週間待機してもらうのは、感染を拡大させないための妥当な対策と言える」と話している。

 感染者の3人はいずれも武漢市の海鮮市場には立ち寄っておらず、中国で新型肺炎患者との明確な接点は確認できていないという。

 チャーター機の派遣は3日連続で、第1~3便のチャーター機の帰国者で感染が確認されたのは、計8人となった。