拡大する写真・図版人の出入りを管理する村のチェックポイント。「今日より、北京に戻ってきた人の入村を厳禁する」との看板が立てられていた=2020年1月31日、北京、平井良和撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染が広がる中国で、ウイルスの侵入を防ぐため、人の往来を厳しく制限する「自衛」に乗り出す村や街が増えている。中には自宅に帰れなくなる人も。春節休みの終わりが迫り、人の移動が激しくなるなか、緊張感が高まっている。(河北省香河県=平井良和)

 北京市の中心部から南東へ約40キロ離れた同市通州区には、のどかな農村が点在する。だが、1月31日に訪れると、どの村も道路が金網や盛り土で封鎖され、ものものしい雰囲気だった。

 「武漢から来たんじゃないだろうな」

 ある村の入り口で男性に話しかけると、そう怒鳴られた。村の共産党委員会に登録を済ませた人でなければ「入れない」という。外部から北京に戻ってきた人の入村を禁じる立て看板や「新型コロナウイルス感染を予防せよ」と書かれた横断幕が張られた村もあった。

 同区の隣の河北省香河県の市街…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら