[PR]

 中国の湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、日本外務省は1日夜、湖北省在留の邦人に、帰国するためのチャーター機の第4便の派遣が5日以降になるとの見通しをメールで伝えた。「中国側との調整や様々な準備の関係」と理由を説明している。

 北京の日本大使館が在留邦人あてに送ったメールには、「次のチャーター機の運航は来週半ば以降になる見込み」「できるだけ早く運航が可能になるように最大限努力しております」と記されている。日本人の配偶者を持つ中国人の出国についても「中国側と引き続き鋭意調整中」という。中国籍の家族については、これまでのところ中国政府が出国を許可していない。

 政府は1月28日以降、計3便のチャーター機を派遣し、計565人を帰国させた。湖北省にはなお、帰国を希望する日本人が約140人残っている。