【動画】中東海域に向け出航する海自の護衛艦「たかなみ」=恵原弘太郎、野津賢治撮影
[PR]

 中東海域への自衛隊派遣で、海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」(約200人)が2日午前、海自横須賀基地(神奈川県横須賀市)を出発した。日本関係船舶の安全確保のための情報収集が目的。1月20日からは海自のP3C哨戒機2機が現地で活動を始めており、今回が第2陣となる。

 出国行事には安倍晋三首相や河野太郎防衛相らが出席した。首相は、「日本関係船舶の安全を確保することは政府の重要な責務であり、そのために必要な情報収集を担う任務は、国民の生活に直結する極めて大きな意義を有する」とあいさつ。その後、隊員の家族らとともに護衛艦を見送った。

 政府は、日本は原油輸入の9割を中東に頼るため、海上交通路の安全確保が重要だと説明。昨年12月、防衛省設置法に基づく「調査・研究」を法的根拠とし、自衛隊の派遣を閣議決定した。活動範囲は、オマーン湾、アラビア海北部、バブルマンデブ海峡東側のアデン湾の3海域の公海。ホルムズ海峡やペルシャ湾は含まない。

 派遣期間は今年12月26日ま…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら