【動画】羽田新ルートの試験飛行が始まり東京都心上空を低空飛行する旅客機=野津賢治、永田工撮影
[PR]

 3月29日から運用が始まる羽田空港の新飛行ルートで、実際に乗客のいる旅客機で東京都心の低空を通る試験飛行が2日午後に初めてあった。試験飛行は管制手順の確認や騒音の影響を測ることが目的。3月11日までに計7日間程度おこなう予定だ。

拡大する写真・図版新飛行ルートで羽田空港に向かう旅客機。奥は東京スカイツリー=2020年2月2日午後5時22分、朝日新聞社ヘリから、鬼室黎撮影

拡大する写真・図版羽田の新飛行ルート

 政府は今年までに訪日外国人客を年間4千万人に増やす目標を掲げる。新ルートによって1時間当たりの発着数が10回増えて最大90回になり、そのほかの運用改善と合わせて、早朝・深夜を除く国際線の発着数は現在の最大年6万回から9万9千回に増える。

拡大する写真・図版新飛行ルートで羽田空港に向かう旅客機=2020年2月2日午後5時22分、朝日新聞社ヘリから、鬼室黎撮影

 新ルートは、新宿駅付近で高さ約1千メートル、恵比寿駅付近で約700メートル、大井町駅付近で約300メートル上空を飛ぶ。大井町駅周辺では、掃除機に相当する最大76~80デシベルの騒音がすることになり、ルート周辺の住民には騒音への懸念が根強くある。

拡大する写真・図版新飛行ルートで羽田空港に向かう旅客機=2020年2月2日午後5時3分、東京都品川区、越田省吾撮影

 2日の試験飛行は、午後4時20分ごろから約1時間40分実施した。大井町駅付近では、多くの歩行者が「ゴォーッ」という低い音をさせながら近づく飛行機に気づき、足を止めて真上を覆うように通過する様子を見上げていた。

拡大する写真・図版新飛行ルートで羽田空港に向かう旅客機=2020年2月2日午後5時25分、東京都品川区、越田省吾撮影

 大井町駅近くのマンションに住…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら