[PR]

 ペットが病気になったり、けがをしたりした時にできる限りの治療を受けさせたいと、飼い主が「ペット保険」に加入する例が増えている。ペットの高齢化などで、治療費が高額化していることも背景にある。

 富士経済によると、ここ数年の契約件数は毎年10%以上も増加。2021年には18年の1.4倍になると予測する。それでも加入率はまだ1割程度にとどまっており、業界には「まだまだ市場は拡大する」との期待がある。

 「ペットが家族化していることで、保険の必要性が増している」と話すのは、ペット保険大手アニコム損害保険近畿支店の平野宏一・営業1課長。同社のペット保険の対象は、犬猫だけでなくウサギやリス、爬虫(はちゅう)類など10種類以上に及ぶ。

 手術をともなう治療では数十万…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く