[PR]

がんでも働く㊤

 正月気分が残る松の内の東京郊外。北風が小雨を吹きつける中、宅配便会社でパートの非正規社員として働く女性(61)は、右足をわずかにひきずりながら小走りで荷物を運んでいた。4年前、悪性軟部腫瘍(しゅよう)と診断され、右おしりから太もも、ひざ裏にかけて筋肉を切除した。手術痕にぬれた制服がこすれて痛む。防寒着の中でシャツは汗ばみ、風邪を引かないか気になるが、欠勤するわけにはいかない。

拡大する写真・図版仕事の合間に公休を取り、3カ月に1度の検査に訪れた女性。朝から夕方まで、1日がかりだった=都内の病院

告知受けて「家賃どうしよう」

 女性の時給は、東京の最低賃金より94円高い1107円。週5日勤務で普段の手取りは月11万~12万、お歳暮で残業が多かった12月分も14万円だった。昨春まではこのほか、病院の夜の清掃、チラシ配りと、パートを三つ掛け持ちして生計を立てていた。一人暮らしで、家賃は6万5千円だ。家探しは難しかった。前のアパートの取り壊しが決まって7カ月がかりで、ようやく見つけた部屋だ。

 医師からがんと告げられたとき、女性の口をついたのは「何日休まないといけませんか」「家賃をどうしよう」だった。休みは収入減に直結する。急な体調不良も予想されるが、有給休暇は1カ月前に申請する必要があった。内勤になれればよいが希望が通っていない。

 昨春、ステージ2の乳がんも見…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら