写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 中国で新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が止まらず、習近平(シーチンピン)国家主席率いる共産党指導部が厳しい立場に立たされている。指導部は、対応が遅れた武漢市や湖北省政府など地方の問題とし、関係者を大量に処分することで乗り切る構えだ。だが、国民の不満はくすぶる。習氏が進めてきた権力集中が裏目に出た格好だ。

 「あなたが責任者でしょう!」

 1月30日、武漢市に次いで感染者の多い黄岡市で、感染対策を担当する衛生健康委員会の女性主任が党中央の監察チームに詰め寄られる映像が、何度もニュースに流れた。主任は市内病院の収容能力などを把握しておらず、能力不足を指摘され、直ちに解任された。

 監察は、習氏が春節の同25日に党最高指導部の政治局常務委員による会議を開き、「感染予防へ再検討、再配置、再動員せよ」と号令をかけたことで始まった。黄岡市長は2月1日、感染を防げなかったため幹部ら337人の処分を発表。周辺の市や村でも、報告が遅れるなどした幹部の処分が相次いだ。

 こうした事態に省レベルの幹部…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら