宮内庁は3日、三笠宮妃百合子さま(96)が右目の白内障の手術を受けるため、4日から東京都中央区の聖路加国際病院に入院する、と発表した。

 同庁によると、百合子さまは加齢に伴って右目が少し見えづらくなり、不便を感じていた。手術は百合子さまの希望で、5日にも実施される。高齢のため、数日間入院するという。