【動画】マツダ創業100周年 藤原清志副社長インタビュー=上田幸一撮影
[PR]

 マツダが1月30日に創業100年を迎えた。ロータリーエンジン車など高い技術力を誇るとともに、米フォード・モーターの傘下に入るなど浮沈の歴史を歩んだ。教訓を生かし、次の100年はどこへ向かうのか。藤原清志副社長、生産部門を統括する菖蒲田(しょうぶだ)清孝専務、デザイン部門を担う前田育男常務に聞いた。(近藤郷平)

藤原清志副社長

 ――かつては、バブル経済期の拡大策でマツダのブランドが傷つきました。

 「お客様の志向の多様化に応えようと(販売ブランドを拡大)したが、ブランド力を高めるのでなく『数』を求めた。結果的に価格に走り、(値引き販売など)悪い方向にいった。フォードのもと、ブランド再生のスタートになった」

このあと、デザインを担う前田育男常務がマツダの戦略を語ります。

 ――下取り価格などが安くなる「マツダ地獄」という言葉があります。

 「(昨年の中間決算会見で)『…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら