「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」など、数々のヒット曲で知られる歌手の梓みちよ(あずさ・みちよ、本名林美千代〈はやし・みちよ〉)さんが亡くなっていたことが3日、わかった。76歳だった。1月29日に東京都内の自宅を訪ねたマネジャーが、梓さんが倒れているのを発見した。葬儀は2日、近親者で営まれた。

 福岡市出身。1962年にデビューし翌年、故中村八大さん作曲、故永六輔さん作詞の「こんにちは赤ちゃん」がミリオンセラーになり、日本レコード大賞を受賞。紅白歌合戦にもこの年から7年連続で出場した。「こんにちは……」は学習院初等科の同窓会の折、昭和天皇の前で歌われたことから、「初の天覧歌謡曲」と話題になった。

 ジャズやクラシック、ボサノバなど幅広いジャンルで培われた歌唱技術と、持ち味の甘いハスキーボイスで歌謡曲から外来のポップスまで歌いこなし、70年代には「二人でお酒を」「メランコリー」「よろしかったら」などで世代を超えた人気を博した。テレビ番組でも活躍し「新婚さんいらっしゃい!」「11PM」などに出演した。