[PR]

 節分の3日、宮崎市の宮崎神宮で豆まきがあった。神職や氏子ら20人余りが特設舞台に上がり、「招福」「除厄」と書かれた升に盛られた落花生を「福は内、鬼は外」のかけ声とともに勢いよくまくと、約200人の参拝者たちは空中でキャッチしたり、拾い集めたりしていた。

 30キロの落花生は5分ほどでまき終わり、買い物袋いっぱいに集めた強者も。家族3人で来た、小戸小3年の奥野結翔(ゆうと)君(9)は「集まった落花生で、帰ってからもう一度豆まきをします。殻を割って食べるのが楽しみ」と話していた。(菊地洋行)