[PR]

 岐阜県警は3日、名古屋簡裁の職員ら男女2人を恐喝の疑いで逮捕し、発表した。捜査に支障があるとして、いずれも認否を明らかにしていない。

 逮捕されたのは、名古屋市に住む30代の名古屋簡裁職員の男と、愛知県一宮市に住む20代の自営業の女。岐阜中署によると、女は、男の知人だという。

 2人の逮捕容疑は、昨年6月25日、女の知人の自営業男性(33)=岐阜市=を同市内の飲食店に呼び寄せ、「彼女が無理やり襲われたと言っている。警察に連れて行くぞ、嫌なら金を払え。家族にばらすぞ、子どもに会えなくなるぞ」などと脅迫。現金50万円を脅し取ったというもの。昨年7月に男性から同署に相談があり、被害が発覚した。

 逮捕を受け、名古屋地裁の揖斐潔所長は「誠に遺憾であり、今後事実関係を踏まえて適切に対処したい」とコメントを出した。