[PR]

 全国的な暖冬を受け、雪不足に苦しむスキー場などの県内の中小企業を対象に、県は緊急の金融支援をすると発表した。スキー場経営者らからの要望を受けた措置。県によると、暖冬を受けた金融支援は初めてという。

 対象となるのは、暖冬や雪不足の影響を受けた県内の中小企業で、1社あたり4千万円を限度として運転資金を融資する。期間は7月末まで。県内の地方銀行や信用金庫のほとんどで取り扱うという。

 県内でスキー場がある庄原市、廿日市市、安芸太田町、北広島町のスキー場計8施設の経営者や自治体関係者らが1月31日、湯崎英彦知事に経済支援を求める要望書を提出していた。

 スキー場などの事業者でつくる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら