[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎に、宮城県内でも不安が広がっている。仙台市には2日までに200件の相談が寄せられ、市内のドラッグストアではマスクが品薄に。県は「過剰に心配することなく、一般的な感染症対策を」と手洗いなどを呼びかけている。

 3日午後3時ごろ、仙台市青葉区のドラッグストア「トモズ 仙台サンモール店」のマスクの商品棚は空っぽだった。「マスクは完売いたしました。次回入荷分についても、現在未定となっております」との貼り紙を見て、何人かの客が残念そうに帰っていった。

 この店にマスクが入荷したのは1日の朝が最後で、陳列して1時間ほどで売り切れた。手指を消毒するスプレーや、アルコールタイプのウェットティッシュも品薄だという。店長の真壁篤さん(45)は「(2002~03年流行の)重症急性呼吸器症候群(SARS)のときもここまでひどくなかった。花粉症の時期でもあり、心配だ」と話した。

 トモズ本社(東京都)によると…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら